株式会社ホットライン

無料メール講座 谷将貴の「Simple Swing 理論」

メルマガタイトル01

NOWPRINTING 遠くへ飛ばすためにバックスイングでパワーをしっかりためようとする人は多いですが、その意思があまりに強いあまり、右足に体重を極端に移したり、正面から見ると右肩の肩甲骨が見える位まで回したりしがちです。

これでは逆にパワーをロスする ことにつながり、結果的に飛距離が伸びません。

効率よくパワーをためるには、左右均等に載せていた体重を
トップオブスイングで右足7割、左足3割の半分に
するだけです。
このとき、頭をアドレスの位置から動かさないようにしましょう。

頭を右に動かすと、右足体重でクラブを振りやすくなるため、
クラブが効率よく球を飛ばしてくれません。

バックスイングではクラブが地面と平行になったところから、
状態をねん出してトップオブスイングまでクラブを持っていきます。

右膝がスウェイする、右ヒジが折れる、トップで左手首が折れるなどといった
体のゆるみが無ければ、コンパクトなトップオブスイングでも飛ばしに必要なパワーを十分ためることが出来るのです。

谷将貴 の「simple swing理論」を今すぐに知りたいとう方は、以下のフォームに、
お名前・メールアドレスを記入して、「今すぐ無料で登録する」をクリックしてください。

あなたのプライバシーは完全に保護されますので安心してご登録ください。
約18秒後に、あなたのアドレスに確認メールが送られます。

あなたのお名前       (姓   例)田中   (名  例)太郎
あなたのメールアドレス      例)*** @simple-golf.com

※メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。
ご記入頂いた個人情報は、メール講座配信や「simple swing理論」のコンテンツのご案内のみに使用させていただくものです。
どのようなことがあってもあなたの情報を第3者には渡しません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。

無料メール講座サンプル 谷将貴の「Simple Swing理論」