株式会社ホットライン

無料メール講座 谷将貴の「Simple Swing 理論」

メルマガタイトル01

NOWPRINTINGインパクトでパワーをボールに伝えるには、
体のどこに力を入れればよいのかを一度実感
してみるべきです。
そのためには、キャディバッグのような重たいものをクラブヘッドで押してみるといいでしょう。

最初にアドレスの形を作り、キャディバッグの底など平らな面にフェース面を合わせます。
そのままフェース面でキャディバッグを目標方向に押してコンパクトの形を作ります。
体重が左に乗り、腰をしっかり入れなければ、キャディバッグを強く押すことはできません。
ハーフウェイダウンまでは曲がっていた右ひじもインパクトから先で伸び始める感覚もわかります。また、ハンドファーストの形にもなっています。

逆に、両手がクラブヘッドよりも後ろにあったり、体重が右足に多くのっていたり、右ヒジが曲がったままだとパワーを出すことが出来ないとわかるはずです。

このときの形を頭の中にイメージしながら、実際にボールを打ってみましょう。

谷将貴 の「simple swing理論」を今すぐに知りたいとう方は、以下のフォームに、
お名前・メールアドレスを記入して、「今すぐ無料で登録する」をクリックしてください。

あなたのプライバシーは完全に保護されますので安心してご登録ください。
約18秒後に、あなたのアドレスに確認メールが送られます。

あなたのお名前       (姓   例)田中   (名  例)太郎
あなたのメールアドレス      例)*** @simple-golf.com

※メール講座の解除はいつでもできますのでご安心ください。
ご記入頂いた個人情報は、メール講座配信や「simple swing理論」のコンテンツのご案内のみに使用させていただくものです。
どのようなことがあってもあなたの情報を第3者には渡しません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。

無料メール講座サンプル 谷将貴の「Simple Swing理論」